2014年9月2日火曜日

乗鞍エンデューロ、雑感。後編

さて、昼休みも終わりベースからSS2へ出発です。
SS2のスタート地点は中腹からなのでリエゾン2は楽勝。


が、楽勝なのはリエゾンだけw
SS2の前半区間はコギコギのシングルトラック。
(MTB公認の乗鞍公営オープントレイルだそうです。いいなぁ)

そしてその先のSS2後半区間への繋ぎルートに、短いですが最大の難関があるのです。
そう、恐怖の登り返しです!DHではお目にかかれないガチ登り。


楽しく水掛してますが、この手前が登り返しの激坂(僕にとっては)。
全力立ちコギして、この辺ではもうヘコたれてました。

その後下りメインの後半区間に突入するも、今回定番の脚が終了状態w
下りとはいえ、バームからバームの間もコギを入れなきゃいけない緩斜面でした。
バーム以外ずっとシッティングという体たらく・・・。

そんな感じでSS1に続きSS2も惰性でフィニッシュです。


てか、何気に一番きついのがSS2フィニッシュ後、ベースまで帰るリエゾン3だったというね。
レース終わったあとに登るのはかなりしんどい!

最初から最後までしんどいというのがエンデューロ初参加の感想!
さて問題です。何回しんどい言ったでしょう?w

って、しんどいしんどい言ってるレースでしたが、普通に踏める人は楽しいと思います。
MTBエンデューロ、すごく可能性のある競技と思いますよ。

DHライダーは登りに挑み、XCライダーは下りに挑む。
ダウンヒラーがいくらコーナーでタイムを削ろうが、登り返し一発で逆転されるのです。
ライバルの土俵にガチで切り込まないと勝てない、とトップクラスの走りを見て感じました。
中村パンソニ先生の言葉を借りるなら、エンデューロはMTBの異種格闘技戦ですね。

山は登るし、下るものであり、トレイルライドの延長にある競技であるということ。
必要なのはレーサーマインドではなく、マウンテンバイカーとしての純度。
MTB乗りなら誰でも楽しめるThat's MTB! な競技。それがMTBエンデューロだと思いました。

全体の流れはパンソニ先生のサイスポの記事がわかりやすいので、ぜひ読んでみてください。
あ、ノーススターさんもイベントの様子をアップしてましたので興味のある方はどうぞ。


2014 Norikura MTB Enduro Wrap Up (via Northstar)

まずは登れるようになって出直したいと思います・・・
エンデューロ出る方、ドロッパーポストはマストアイテムですよw

0 コメント :

コメントを投稿