2015年6月23日火曜日

イタリアンなヤツ

パンダを飼いました。もとい、買いました。

フィアット・パンダ141。今だと旧パンダって呼ばれていますね。
機会があれば一度は乗っておきたかった、ジウジアーロ御大デザインの車です。

キャンバストップにイエローボディ。いかにもラテン車!的なノリがいいですね。
意外なことに純正色にイエローがなく、前オーナーが全塗装してます。
特徴的なダブルサンルーフはフルオープンが気持ちいいです。
まぁ夏場は開けても閉めても暑いんですけども。

車検切れで譲ってもらったので、まずは車検から。
仕事仲間であり、元ランチア乗りのKさんから AUTOPANDA S.p.A. を紹介してもらいました。
その名の通りパンダが得意で、イタ車全般に強いショップです。


お店に持って行く途中、気付くと水温がレッドゾーンに入ってるんですね。
前オーナーから「エンジンとか主要な部分はOH済みだから安心して乗れるよ〜」と言われていたので、あっちの車はこれくらいがデフォなのだろう、なんて気楽に思ってました。

後日引き取りにいくと、ヒーターバルブが割れて冷却水がダダ漏れしてたそう。日本車だったら絶対こんな所に樹脂パーツ使わないよ、ってのが結構あるみたいで、この程度のトラブルは日常茶飯事。「イタ車は壊れてからが本番」なんてよく聞きますが、すでに本番開始のようです。

こんな感じでイタリアンなスタートを切ってしまった、僕のパンダライフ。
故障自慢ブログとならないことをお祈りください…


2015年6月8日月曜日

ウォーター!

昨今サードウェーブやらなんやらと騒がしいようですが、ウチの好みは深煎りの苦い珈琲なんであんまり関係ないですかね。件の青い店もそろそろ並ばずに入れるっぽいので、話の種に一度くらいは飲んでみようかとは思ってます。

さて、今回はダッチコーヒー(水出し珈琲)にチャレンジ。
チャレンジって言ってもその名の通り、水で抽出するだけの簡単珈琲です。

ドリッパーは安いものから高級なものまでピンキリですね。少量の水を数時間かけてゆっくり注いでドリップする本格的なタイプや、粉を水に浸すだけで作れるお手軽タイプなどさまざま。

僕はちょっと試してみたかった、OXO 濃縮コーヒーメーカーを買ってみました。
届いてビックリ、思ってたより大げさな器具。もっとコンパクトならよかったのですが。

メーカー推奨は豆と水の分量が1:4。規定量入れて12時間〜24時間放置するだけ。
次の日にはもの凄く濃厚なコーヒーが抽出されていました。濃縮コーヒーと言うだけあります。

さっそくカフェオレにして飲んでみましたが、これは美味しい!
豆の味がダイレクトに出ているというか。ちょっと目から鱗です、水出し。

ただ、1:4の比率だとコスパがよくありませんね。美味いですが。
味を優先するかコストを優先するのか。水増ししてギリギリのラインを模索中。

本格的なウォータードリッパーがちょっと欲しくなりました…。
置くところないので却下されますけどね。